Amazonギフト券を5000円以上購入すると1000ポイント貰えるキャンペーンを実施中!
       

【Kyash】支払い料金の還元率を2.0%アップできる魔法のカード

デビットカード・プリペイドカード
どうも、はうやし(@hauyashi)です。

皆さんは「Kyash(キャッシュ)」をご存知ですか?

Kyashはバーチャルプリペイドカードの一種で、スマホアプリを使って、その場ですぐにVISAのプリペイドカードを発行することができます。(なお、Kayshには通常のカード式タイプもあります。)

モバイルSuica等といったスマホ版電子マネーのように、チャージして利用するクレジットカードといえば分かりやすかと思います。

このサービスは、東京都港区南青山にある日本の会社「株式会社Kyash」が運営しており、三井住友銀行、伊藤忠商事・ジャフコ、電通デジタル・ホールディングス、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルが出資をしています。

 

このKyashの一番の特徴は、利用金額から2.0%のキャッシュバックを受けられる点です。

普段、現金で払うところをKyashを使って支払うと、支払った金額の2.0%をキャッシュバックとして受け取ることができます。

また、普段利用するクレジットカードからKyashを経由して代金を支払った場合に、クレジットカード毎のポイント還元+2.0%のキャッシュバックを受けることができ、合計で3%以上の還元率を受けることも可能になります。

このKyashは、VISAカードが使える店舗であれば、基本的にどこでも利用可能です。

 

今回の記事では、そんな魅力的なKyashの使い方、登録方法、メリット・デメリットについてご紹介いたします。

バーチャルプリペイドカードとは

まず「バーチャルプリペイドカードとは何か」についてご紹介します。

バーチャルプリペイドカードとは、カードの形に捉われないプリペイドカードです。

専用のアプリをダウンロードして登録をすると、アプリ内で、カード番号・有効期限・名義人・セキュリティコード等がその場で即日発行されます。

これをインターネット通販等で代金支払い時にクレジットカード(デビットカード)として登録すると、一般的なクレジットカードと同様に使用することが可能となります。

はうやし
「クレカを持っていないけれど、ネットの支払い方法がクレカだけのとき」などにも使えるサービスですね。

Kyash(キャッシュ)とは…?

Kyash(キャッシュ)は、ウォレットアプリのひとつ。

スマートフォンのアプリを通して、Visaカードを作ることができるサービスです。

KyashのVisaカードは、お金をチャージして使うプリペイド式のクレジットカード(デビットカード)のことです。

Kyash Visaカードは、年齢制限なし・面倒な本人確認手続き不要で作ることが可能で、誰でも気軽に使うことができます。

また、年会費・発行手数料も無料です。

Kyashのカードには、以下の2種類があります。

  1. Kyash Visa バーチャルカード
  2. Kyash Visa リアルカード

▼バーチャルカード

  • オンライン決算の利用が可能
  • 1回あたりの利用限度額:3万円
  • 24時間あたりの利用限度額:3万円
  • 1ヶ月間の利用限度額:12万円

▼リアルカード

  • 実店舗とオンライン決算の両方が利用可能
  • 1回あたりの利用限度額:5万円
  • 24時間あたりの利用限度額:5万円
  • 1ヶ月間の利用限度額:12万円

カードが利用できる店舗や利用限度額が異なりますので、自身の利用にあった方でカードを作成すればよろしいかと思います。

キャッシュバック、利用金額から2%還元

Kyashは、いつでも利用金額から2%が還元されます。アプリ内のKyash残高にキャッシュバックされます。

キャッシュバックの対象となるのは、

  1. Kyash Visa バーチャルカード
  2. Kyash Visa リアルカード

のいずれかを利用した決算です。

キャッシュバックが付与されるのは

  1. カードを利用した翌月25日から末日

となります。

なお、キャッシュバックの上限付与額は3万円までです。

また、モバイルSuicaへのチャージやモバイルSuicaでの決算については、1回につき6000円以上利用した場合に限りキャッシュバックの対象となります

1回あたりのチャージ金額が6000円未満の場合は、キャッシュバックの対象にはならないので注意してください。

Kyashへのチャージ方法

Kyashを使うためには、お金をチャージする必要があります。

チャージの種類は

  1. 現金チャージ
  2. カードチャージ

の2つがあります。

現金チャージは

  1. セブン銀行ATMでチャージ
  2. コンビニでチャージ
  3. 銀行ATM(ペイジー)でチャージ

の3通りがあります。

カードチャージは

  1. クレジットカード(Visa/Mastercard)

があります。

現金チャージ:セブン銀行ATMでチャージする方法

セブン銀行ATMにて、1,000円~50,000円の範囲で紙幣によるチャージができます。

  1. ATM画面にチャージ用のQRコードが表示されるので、Kyashアプリからスキャンします。
  2. その後、ATM画面とスマホの案内に従って現金をチャージします。

チャージの際にカードは必要ありません。
アプリがあればチャージすることが可能です。

現金チャージ:コンビニでチャージする方法

ローソン、ミニストップ、ファミリーマートなどのコンビニでチャージすることができます。
コンビニでのチャージは、3,000円~30,000円の範囲で選択が可能です。

  1. Kyashアプリからチャージ金額を指定して、チャージ申請を行います。
  2. コンビニの発券端末に支払い番号を入力して、申込書を発券します。
  3. レジでチャージ金額を支払うと、Kyashにチャージが完了します。

チャージ申請の有効期限は、申請した翌日の23時59分までです。

有効期限が切れてしまった場合は、再度アプリから申請を行います。

なお、チャージに対応しているコンビニは、

  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • サンクス
  • セイコーマート

の6店舗です。

現金チャージ:銀行ATM(ペイジー)でチャージする方法

銀行ATMやネットバンキングでチャージすることができます。
チャージは、3,000円~30,000円の範囲で選択が可能です。

  1. Kyashアプリからチャージ金額を指定して、チャージ申請を行います。
  2. 銀行ATMで払込手続きをすると、Kyashにチャージが完了します。

チャージ申請の有効期限は、申請した翌日の23時59分までです。

有効期限が切れてしまった場合は、再度アプリから申請を行います。

カードチャージ:Visa・Mastercardで自動チャージする方法

本人名義のカードを紐づけて自動的にチャージすることができます。

事前にチャージする必要がなく、利用した金額がそのままカードから引き落としされるので、残高を気にすることなく使える便利な機能です。

すでに利用しているクレジットカードやデビットカードをKyashに登録します。

登録できるブランドは

  • Visa
  • Mastercard

の2つです。

JCBカードは登録することができません。

また、auウォレットなどのプリペイド式のカードも登録することはできません。

Kyashの便利な機能

スマホで簡単に管理ができる

リアルタイムで利用通知が届き、履歴で利用金額の一覧が確認できます。

ポップアップで通知が来るので、利用状況が分かりやすいです。

友達同士の立替えや割り勘も簡単

Kyashを使っている人同士なら、相手に無手数料で送金・受け取りが可能です。

忘年会や新年会などの食事会で会費を集めるときに、スマホだけでお金のやり取りができます。

「万札しかないんだけどお釣りある?」みたいなやり取りをせずに済みます。

Kyashのお得な使い方

Kyashの凄いところは、利用金額から2.0%のキャッシュバックを受けられるという点です。

先ほど説明したように、Kyashはお金をチャージする必要がありますが、チャージはクレジットカードから行うことも可能です。

勘のいい方なら既にお気づきかと思いますが、クレジットカードでの自動チャージを選択している場合、

チャージでクレジットカードのポイントが溜まる上に、Kyashで2.0%のキャッシュバックを受けられます。

さらに「PayPay」や「Origmi Pay」等の引き落としにKyashを使うと、さらに数パーセントの還元が受けられる、ということです。

楽天カード+PayPay利用で常に3.5%還元

「Kyashを楽天カードと紐づけをした状態でPayPayを利用した場合」を例にあげて説明します。

例えば、

  1. Kyashに楽天カードを紐づけし
  2. PayPayに①のKyashを紐づける
  3. そして②のPayPayで代金を支払う

この場合だと

  • 楽天ポイント1.0% + Kyash2.0% + PayPay0.5% = 合計3.5%還元

されることとなり、お得に商品を購入することができます。

つい最近まで行われていたPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」の20%還元の際には、合計で23%もの還元を受けることができました。


「100億あげちゃう」キャンペーン | PayPay株式会社より引用)

この還元率のコンボができるのが、Kyashの一番の魅力だと思います。

Kyashを使わない理由がない!

Kyashの1回ごとの利用上限金額は、3万円もしくは5万円と決まっているため、カメラやパソコン等の高額商品を購入する時には使うことができませんが、

外食やレジャーなど普段のちょっとした買い物では、充分にキャッシュバックの恩恵を受けることができます。

同じ料金を払うのであれば、より多くの還元・キャッシュバックを受けられるKyashを利用することをオススメします。

はうやし
というか、使わなきゃ損ですよ!

ぜひ、Kyashを使ってみてください!

記事の中で例に挙げた「PayPay」については、こちらの記事で詳しく紹介しています。あわせてご覧ください。

【普通にお得!】Yahoo!が始めた決算アプリ「PayPay」がお金を配っているので紹介します
ここ数日、TwitterなどのSNSで「PayPay」というワードを見かける機会が増えました。 PayPayって何だろう?と思い調べてみると、PayPayはYahoo!とソフトバンクが始めたQRコード決算システムのようです。 い...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

タイトルとURLをコピーしました