パソコン一覧

【Ubuntu】故障したパソコンのHDDからデータを取り出す方法をご紹介いたします

今回ご紹介する方法は「HDDのデータが残っていること」を前提として、話を進めています。 既にHDDのデータが消えてしまっている方は、別の方法をお試しください。 【悲報】 パソコン逝く ? はうやし@C94事後通販中 (@hauyashi) 2018年8月18日 という訳で、先日メインで使用していたデスクトップパソコンの「lenovo H330(OS:Windows7)」が故障してしまいました。 2011年から約7年間使っていたこともあり「そろそろヤバイかもしれない...」と思っていた矢先の出来事。 いきなり電源が落ちて、以降電源が入らなくなった ? はうやし@C94事後通販中 (@hauyashi) 2018年8月18日 何の前触れもなく、ポーンと電源が落ちました。 電源ボタンを何度押しても無反応。電源系統がダメになってしまったのでしょう。 「ブルースクリーンで止まった」とか、 「変なエラー文が出てきた」とかではないでの、データは大丈夫そう。 という訳で、デスクトップパソコンの内部に組み込んであるHDDからデータを取り出すことにしました。 今回は「故障したパソコンのHDDからデータを取り出す方法」をご紹介いたします。 同じような症状の方・データの取り出しに困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。 事前に用意しておくモノ 今回の作業をするにあたり、必要なものが4点あります。 HDDスタンド 外付けHDD DVD-R 正常に起動するパソコン それぞれについて、どのように使用するかご説明いたします。 今回の作業で、私が実際に使用した商品についてもご紹介いたしますので、参考にしてみてください。 HDDスタンド パソコンから取り外したHDDのデータを読み取るために使います。 このHDDスタンドを使うことで、取り外したHDDを外付けHDDと同じように扱うことができます。 ▼私が購入したHDDスタンド SALCAR製品「HD626 USB 3.0 SATA HDD Docking Station」 2.5/3.5インチのHDD/SSDはどれでも搭載可能。 差し込むだけでOK!ネジやドライバーは不要な簡単設計です。 本体・USB3.0ケーブル・電源アダプター・説明書が同梱されています。 外付けHDD パソコンから取り外したHDDのデータを保存するために使います。 取り外したHDDのデータ容量よりも、大きい容量の外付けHDDを用意してください。 ▼私が購入した外付けHDD BUFFALO製品「HD-LBV3.0TU3-BKC」 DVD-R HDDのデータを移動させるため、新しいOSの起動ディスクを作成するのに使います。 ▼私が購入したDVD-R RiDATA製品「録画用DVD-R 一回録画用 (50枚入り)」 ▼50枚も必要ないので、少ない10枚入りのものを貼っておきます。 最低1枚あれば大丈夫ですが、失敗した時の為に何枚か用意しておいた方が良いでしょう。 余った分は、テレビのレコーダーに入れれば、番組録画用のDVDとしても使えます。 正常に起動するパソコン このパソコンを経由して、データの確認作業・データのバックアップ作業を行います。 正常に起動・動作するパソコンで、DVDマルチドライブが付いているパソコンを用意してください。(DVDに書き込み作業を行うため。) HDDのデータが残っているか確認する 故障したパソコンからHDDを取り出して、データが残っているかを確認します。 データ確認手順1. パソコンからHDDを取り外す 故障したパソコンの説明書等を確認して、HDDを取り外します。 取り外し方が分からない場合はGoogle検索で「(故障したパソコン名) HDD 取り外し方」と入力して調べてください。 私が使用していたlenovoのパソコンには Seagate製品「Barracuda 7200.12 500GB」 のHDDが入っていました。 私の場合は、パソコンの電源が入らなくなってしまったので、HDDを取り外す方法で作業を進めました。 電源が入るけど途中でフリーズしてしまう方は、HDDを取り外さなくてもよい別の方法があるかもしれません。 データ確認手順2. 取り外したHDDをHDDスタンドに差し込む HDDを取り外せたら、取り外したHDDをHDDスタンドに差し込みます。 HDDスタンドに差し込むと、外付けHDDとして、他のパソコンでも読み込むことができます。 データ確認手順3. HDDスタンドをパソコンに接続する HDDスタンドをUSBケーブルでパソコンと接続します。 この時点で、データが正常に残っていれば、外付けHDDとして認識してくれます。 (HDDに異常があると認識できないことがあります。) HDDスタンドの説明書に「新しいHDD/SSDはご使用前に、初期化、フォーマットすることが必要です」と書かれていましたが、特に何もせずに認識してくれました。 ここまで正常に作業ができていればOK。HDDを認識したら、データが入っているフォルダの中身を確認してみましょう。 データが確認できれば、とりあえず一安心ですね。 HDDのデータをコピーする HDDスタンドにHDDを刺したまま外付けHDDとして使うことは可能ですが、裸のままHDDを使うのはあまり好ましくありません。 ゴミや埃が付着して故障の原因になりやすいです。 また、故障したパソコンの中に入っていたHDDですから、もしかしたらHDDの寿命も近いかもしれません。 備えあれば憂いなし、ということで、HDDのデータを丸々別のHDDにコピーしてバックアップを取りましょう。 バックアップは、新たに用意した外付けHDDに行います。 ▼Macを利用している場合 HDDスタンドと、新しく用意した外付けHDDを、パソコンに接続してください。 HDDスタンドのデータが入っているフォルダを全て選択して、外付けHDDのフォルダにコピーしてください。 コピーが完了したら作業は終了です。お疲れ様でした! ※以下はWindowsを使っている方へ向けての説明になります。 ▼Windowsを利用している場合 取り外したHDDには、Cドライブのデータが入っています。 (場合によってはDドライブのデータも入っています) 通常、CドライブにはWindowsシステムの権限情報等が記録されているため、バックアップ作業を行うパソコンがWindowsの場合、このシステムの関係上すべてのデータを正常にコピーすることができません。 私の場合は「管理者権限を~」等のメッセージが出てしまい、指定したユーザの「マイドキュメント」や「ダウンロード」フォルダにアクセスできませんでした。 これを回避するために、Windows以外のOS(オペレーションシステム)を使ってバックアップ作業を行なう必要があります。 アップル社のMacBookなど、Macがインストールされたパソコンをお持ちの方は、そちらを利用すればよろしいかと思います。 「Windowsしか持ってないよ!」「今度買うのもWindowsだよ!」という方は、次にご紹介する方法でバックアップ作業を行いましょう。 Ubuntu(ウブントゥ)を利用する Ubuntu公式サイト 「Ubuntu(ウブントゥ)」とは、WindowsやMacといったOS(オペレーションシステム)の一種で、世界中で2000万人を超えるユーザー使用している無料のOSです。 このUbuntuを使うことで、Windowsの権限は無効になるため、アクセス制限等を回避することができます。 データコピー手順1. Ubuntu(ウブントゥ)をダウンロードする Ubuntu公式サイトのダウンロードページからUbuntuをダウンロードします。 Ubuntuダウンロードページに行く ①Ubuntuのトップページから「Ubuntuをダウンロード」をクリックします。 ②ダウンロードページから「日本語 Remix イメージのダウンロード」をクリックします。 ③「ubuntu-ja-18.04.1-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)」クリックします。 「Ubuntu 18.04」より新しいバージョンがリリースされていることがあります。 その場合は、一番最新のものをダウンロードしてください。ダウンロードは(ISOイメージ)と書かれた方を選択してください。 データコピー手順2. 起動ディスクを作成する ダウンロードしたファイル(ubuntu-ja-18.04.1-desktop-amd64.iso)をDVDに保存(書き込み)します。 ①書き込みが可能でデータが入っていないDVD-Rを、パソコンのDVDドライブに挿入します。 DVD-Rを挿入すると「リムーバブル記憶域があるデバイス」として認識します。 ②ダウンロードした「ubuntu-ja-18.04.1-desktop-amd64.iso」を、DVD-Rに移動させます。 ubuntu-ja-18.04.1-desktop-amd64.isoを選択して、DVD-Rフォルダーに移動(ドラック)します。 ③DVD-Rに移動が完了したら、右クリックで「ディスクイメージ書き込み」を選択します。 移動(ドラック)が完了したら、ubuntu-ja-18.04.1-desktop-amd64.isoを右クリックして「ディスク イメージの書き込み」を選択してください。 ④「書き込み」をクリックして、書き込みを開始します。 画像のツールが表示されたら「書き込み」をクリックして、書き込みを行います。 以上で、起動ディスクの作成は完了です! データコピー手順3. Ubuntu(ウブントゥ)を起動する 下記の手順でUbuntuを起動してください。 パソコンのDVDドライブに作成した起動ディスクを挿入します。 起動ディスクを挿入した状態で、パソコンの電源をONにします。 Ubuntuの起動画面が立ち上がります。 Ubuntuのデスクトップです。 正常に起動できると、この画面が表示されます。 データコピー手順4. “取り外したHDD” と “バックアップ用HDD” をパソコンに接続する 起動ができたら取り外したHDDとバックアップ用の外付けHDDをパソコンに接続します。 接続が完了すると、デスクトップにそれぞれのアイコンが表示されます。 それぞれの環境によって異なりますが、私の場合は画像のように3つのアイコンが表示されました。 データコピー手順5. “取り外したHDD” のデータをコピーする 取り外したHDDに入っているデータを、バックアップ用の外付けHDDにコピーします。 全てのファイルを選択・コピーして、バックアップ用の外付けHDDに貼り付けます。 全てのファイルを選択した状態で、右クリックから「コピー先のフォルダを選択する」を選んでもOKです。 私の場合はバックアップ用の外付けHDDに「旧・Cドライブ」と名前を付けたファルダーを新規作成して、その中に貼り付けました。 しばらくすると、データのコピーが開始されます。 通常、Cドライブ・Dドライブにはたくさんのデータが入っています。コピーが完了するまで時間がかかるので、のんびり待ちましょう。 コピーが完了したら、もうUbuntuは必要ありません。シャットダウンしてOKです。 最後に、正常にデータがコピーできているか確認します。 データコピー手順6. バックアップデータの確認 以下の手順でWindowsを再起動してください。 Ubuntuを起動しているパソコンをシャットダウンしてください。 パソコンのDVDドライブからUbuntuの起動ディスクを抜いてください。 再度、パソコンの電源を入れて、通常通りWindowsを起動します。 Windows環境で、バックアップデータの確認作業を行います。 バックアップデータを取ったバックアップ用外付けHDDを開いて、それぞれのフォルダにアクセスできるか確認してください。 なにも警告文が出ずにアクセスできていればOKです。 コピー忘れ・抜けがないかも確認してください。 作業完了 以上で作業は終了です。 作業が完了するまでの時間は多めにかかりますが、作業工程は少ししかないので、簡単にできたと思います。 お疲れ様でした!

記事を読む