Amazon公式サイトにてAmazonギフト券を5,000円以上購入すると「1,000ポイント」貰えるキャンペーンを実施中! ➡

Amazonほしい物リストにないものを送る方法(未掲載の商品をプレゼントする裏技)【2022年5月版】

Amazon
どうも、はうやし(@hauyashi)です。

Amazonほしい物リストは、一般的にリストに載っている品物をプレゼントしたり、貰うために利用します。

今まで欲しいものリストを経由してプレゼントを贈ったことがある方の中には、

はうやし
欲しいものリストに入っていないけど、あの商品も贈ってあげたいな…。

と思ったことがある方もいるのではないでしょうか?

実は、欲しいものリストに掲載されていない商品でも、ちょっとした裏技を使うことで相手にプレゼントすることができるんです。

という訳で、今回の記事では

  1. 欲しいものリストに無い商品を送る方法
  2. 匿名で、欲しいものリストに無い商品を送る方法

についてご紹介いたします。

欲しいものリストに関しては、当ブログ内にて複数の内容をご紹介しています。匿名でプレゼントを贈る・貰う方法など、あわせてご覧ください。

【贈る】Amazonほしい物リスト宛に名前&住所を匿名でプレゼントを送る方法【2022年11月版】
この記事では Amazon欲しいものリスト宛に匿名でプレゼントを贈る方法 欲しいものリストに入っていない商品をプレゼントする裏技 をご紹介いたします。 匿名でAmazonほしい物リストを公開する方法については以...
【貰う】Amazonほしい物リストで住所・名前を匿名で公開する方法【2022年11月版】
誰もが知っている大手通販サイトの『Amazon(アマゾン)』。 サイトを閲覧中に「この商品が欲しい!」と思った時に、メモ機能として商品を登録しておくことのできる「ほしい物リスト(ウィッシュリスト)」はご存知ですか? 名前の通り、...

(匿名で発送したい場合)Amazonギフト券での支払いが必須

ほしいものリストを経由して相手にプレゼントを送るときに、自分の本名や住所を隠して匿名でプレゼントを送ることができます。

TwitterやYouTubeなど、インターネット上で交流をしている相手に本名や住所を教えるのには抵抗があると思います。そんな時は、これからご紹介する方法を使えば、匿名でプレゼントを送ることができます。

Amazonギフト券払いを利用する

匿名で送る場合にはAmazonギフト券で商品の代金を支払う必要があります。

理由:クレジットカードで支払いを行った場合、プレゼントと一緒に、名前・住所が記載された明細表が同封されてしまうから。

いつもクレジットカードで支払いをしている方は…

  1. Amazonギフト券をクレジットカード支払いで購入した後
  2. ほしい物リストの商品代金をAmazonギフト券で支払う

ことで対処できます。

少々手間が増えますが、プレゼントを贈る相手のことを考えれば、そんなに大変な作業ではないかと思います。

はうやし
以下で分かりやすく説明するから難しくないよ!

Amazonギフト券を使ったことがない、持っていない、残高がないという方は、以下で購入方法をご紹介していますので、手順通りに進めてあらかじめAmazonギフト券を購入しておきましょう。

完全匿名でプレゼントを贈る場合、相手にAmazonギフト券をプレゼントすることはできません。(ギフト券の注文をギフト券で支払うことができないためです。)

事前準備. Amazonギフト券を購入する方法

Amazonギフト券は、自宅(パソコン・スマホ)から簡単に購入することができます。

もちろん、ギフト券の代金をクレジットカードで支払うことも可能です。

Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入する

Amazonギフト券の購入方法にはいくつかの種類が存在しますが、今回は自動的に自分のアカウントにチャージされる「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入します。

チャージタイプのAmazonギフト券は、購入する金額を1円単位で指定することが可能なため、使いきれずに残ってしまうという心配はありません。

万が一残ってしまったとしても、ギフト券の有効期限は10年間と長めに設定されているので、使わずに有効期限が切れてしまう心配はほとんどありません。

Amazon.co.jp: Amazonギフトカード チャージタイプ(直接アカウントに残高追加) : ギフトカード
Amazon.co.jp: Amazonギフトカード チャージタイプ(直接アカウントに残高追加) : ギフトカード

Amazonギフト券購入までの流れは以下の通りです。

  1. Amazonギフト券(チャージタイプ)」の購入ページを開く
  2. 必要な金額を入力する
  3. 支払い方法を選択する
  4. 注文を確定する
  5. 注文確定後、10分程度でアカウントにギフト券がチャージされる

ギフト券購入手順1. チャージタイプの購入ページを開く

Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入ページを開きます。

Amazonギフト券(チャージタイプ)の購入ページを開く

ギフト券購入手順2. 購入するギフト券の金額を入力する

Amazonギフト券の購入金額を入力する

Amazonギフト券の購入金額を入力する

必要なギフト券の金額を入力します。(1円単位で入力可能)

稀にエラーが発生して購入ページに移行しない場合があります。その場合には、チャージタイプではなくEメールタイプを購入しましょう。ギフト券番号が送られてくるので、アカウントに追加することで対処できます。

ギフト券購入手順3. 支払い方法を選択する

Amazonギフト券の支払い方法を選択する

Amazonギフト券の支払い方法を選択する

クレジットカード払い、コンビニ・ATMネットバンキング・電子マネー払いなど、ご自身にあった支払い方法を選択してください。

ギフト券購入手順4. 注文を確定する

Amazonギフト券の注文を確定する

Amazonギフト券の注文を確定する

注文内容を確認して、注文を確定します。

ギフト券購入手順5. ギフト券がチャージされたことを確認する

注文確定後、5分から10分程度で確認メールが届きます。

メールが届いたら、Amazonギフト券残高確認ページから残高を確認しましょう。

Amazonギフト券のチャージが完了

Amazonギフト券のチャージが完了

ギフト券の利用履歴一覧に、今回チャージした分の金額が追加されていればOKです!

はうやし
これで事前準備完了です!

あとは、商品を購入する時に支払い方法でギフト券を選択します。(やり方は後ほど記載しています。)

欲しいものリストにない商品を送る方法

欲しいものリストに載っていない商品を送る場合の手順は、以下の通りです。

  1. ほしい物リストに入っている商品をカートに入れる
  2. ほしい物リストに入っていない商品をカートに入れる
  3. レジに進む
  4. 「お届け先住所の選択」で相手の住所を選択する
  5. 最終確認の画面で、①でカートに入れた商品を「数量の変更・削除」から削除する
    (ほしい物リストに入っていない商品だけがカートに残っている状態にする)
    (ほしい物リストに入っている商品も送る場合は「削除せず」そのままでOK!)
  6. 注文を確定する

要約すると、欲しいものリストに「載っている商品」と「載っていない商品」を同時にカートに入れて、注文を確定するタイミングでリストに「載っている商品」を削除するというものです。

手順1. 欲しいものリストの商品をカートに入れる

欲しいものリストの商品をカートに入れる

欲しいものリストの商品をカートに入れる

下準備として、相手の欲しいものリストに載っている商品を1点カートに追加します。

はうやし
ここで追加した商品は最終的に削除するので何を追加してもOK!

リストに載っている商品もプレゼントする場合は、その商品を選択しましょう。

手順2. 送りたい商品をカートに入れる

欲しいものリストに未掲載だけど、相手にプレゼントしたい商品をカートに追加する

欲しいものリストに未掲載だけど、相手にプレゼントしたい商品をカートに追加する

プレゼントしたい商品をカートに追加します。

出荷元がAmazonになっている商品を選んでください。
出荷元がAmazon以外になっている商品は送れないことがあります。(相手の設定次第)

手順3. ギフトに設定にチェックを入れる

「ギフトに設定」にチェックを入れる

「ギフトに設定」にチェックを入れる

「欲しいものリストに載っている商品」「プレゼントしたい商品(欲しいものリストに載っていない商品)」の両方がカートに入っていることを確認したら「レジに進む」をクリックします。

この時、注意点があります。

それぞれの商品の欄にある「ギフトに設定(送り主の住所・氏名を表示)」にチェックが入っていることを確認してください。

「ギフトに設定(送り主の住所・氏名を表示)」にチェックが入っていないと、正しくギフトを送ることができません。

「送り主の住所・氏名を表示」とありますが、後ほど匿名化に関する設定を行うので、今は気にせず先に進んでください。

手順4. お届け先に相手の住所を選択する

お届け先に「ギフト用に登録された住所」を選択する

お届け先に「ギフト用に登録された住所」を選択する

レジのページ内に「お届け先を選択」という項目があるので、発送先の住所を選択します。

住所一覧に『〇〇’s ギフト用に登録された住所』というものが表示されている筈なので、これを選択します。

自分の住所しか表示されない場合は、ギフト発送の設定がミスしている可能性があります。カート内をすべて削除して最初からやり直してください。(追加する商品の順序を変えてみるなど試してください)

手順5. ギフトメッセージ・差出人を設定する

ギフトメッセージを設定する

ギフトメッセージを設定する

商品ごとにメッセージを入力する項目があります。

ここに入力されたメッセージが相手に手紙として同封されます。ここで重要なのが「差出人」を変更することです。恐らくデフォルトで本名になっていると思うので、相手に知られても大丈夫な名前に変更します。

はうやし
本名を知られても問題ない場合はそのままでOK!

設定が終わったら「ギフトオプションを保存して続行」をクリックします。

手順6. 支払方法を選択する(Amazonギフト券を選択する)

お支払方法でAmazonギフト券を選択する(匿名で送る場合)

お支払方法でAmazonギフト券を選択する(匿名で送る場合)

「お支払方法を選択」の欄では、支払い方法を選択します。

匿名でプレゼントを送る場合には、事前準備で説明した通りAmazonギフト券で支払います。

仕様上、この時点で、カートに入っている商品の合計金額以上のギフト券が用意できていないと、Amazonギフト券で全額支払いの受付ができません。ギフト券+クレジットカード支払い等になってしまいます。)残高不足の場合は、ギフト券を買い足す必要があります。

例)
リスト内の500円商品+リスト外の1000円商品=ギフト券1500円が必要
リスト内の500円商品は最後に削除するので、実際は1000円で足りますが、仕様のため余分に必要となります。
(ギフト券の有効期限は10年間あるので、余剰分は次回の買い物時に消費しましょう)

クレジットカードで支払うと相手に本名や住所などが記載された明細書が同封される場合があります。ご注意ください。

手順7. 請求先住所を新しく設定する

請求先住所を新しく設定する

請求先住所を新しく設定する

Amazonと欲しいものリストの仕様上、請求書先住所を入力する必要があります。

ただし、この住所にAmazon側から何か届くということはありません。
Amazonギフト券で支払いをする(ギフト券の代金は支払い済み)ので請求書が届くということもありません。

Amazonによると、ここに入力した名前と住所は欲しいものリストからメッセージ付きでギフトを送った場合に同封される手紙に印字されるために使用するとのこと。

では『メッセージなしで送ればいいのでは?』と思うかもしれませんが、今回の「欲しいものリストに載っていないものを送る」場合には、メッセージ付きでないと利用することができません。

必ずしも「正確に入力する必要はない」と解釈していいようです。

適当な住所を入力する

適当な住所を入力する

ということで、匿名で送る場合には、適当な住所を入力します。

質問『適当な住所を入力しても大丈夫なの?』
請求先住所にはAmazon側から何か物が届くといったことはありません。
荷物ラベルの送り主にはAmazonと記載されるので、万が一、相手が受け取りを拒否してもAmazon宛に商品が戻ります。荷物がどこかへ行ってしまう心配はありません。
  1. 氏名には、ハンドルネームを入力します。
  2. 電話番号には、実際に自分が使用している電話番号を入力します。
    (相手には通知されません。不都合があった場合に配送業者から連絡が来る可能性があります。)
  3. 郵便番号等住所欄には、適当な住所を入力します。

今回は例として、上陸禁止の無人島である沖ノ鳥島の住所を入力しています。

適当な住所とは言っても、トラブル防止のため他人が住んでいる住所を記載することは避けましょう。

入力が終わったら「この住所を使用」をクリックし、商品注文の最終確認画面に移行します。

手順8. 欲しいものリストの商品を削除する

手順1で追加した欲しいものリストの商品を削除する

手順1で追加した欲しいものリストの商品を削除する

手順1でカートに追加した「欲しいものリストに載っていた商品」をカートから削除します。

これを削除することで、欲しいものリストにない商品だけを相手にプレゼントすることができます。

注文の最終確認画面で、商品の数量を変更することができます。

  1. 削除したい商品の数量変更から「削除」を選択する
  2. 欲しいものリストに無い商品だけがカートに入っている状態になる
  3. 注文を確定する
お届け先とプレゼント内容を確認する

お届け先とプレゼント内容を確認する

本当に送りたい商品だけになったことが確認出来たらOK!

「注文を確定」ボタンを押して注文完了です!

はうやし
お疲れさまでした!
なんでも送れるからと言って、相手が貰って困るようなもの・迷惑に感じるものを送る、嫌がらせ行為は絶対にやめましょう。

実際に届いた時の荷物

荷物に貼られる配達ラベルには、この荷物がギフトである旨と贈り主の名前が表示されます。

メッセージ付きギフトで発送された時の配達ラベル(日本郵便)

メッセージ付きギフトで発送された時の配達ラベル(日本郵便)

贈り主はAmazonと表示されるので、適当な住所を入力しても、それがラベルに表示されることはありません。

上の画像は日本郵便のものですが、Amazon、ヤマト運輸配達のラベルでも同じように表示されます。

欲しいものリストに商品が載っていなくても、プレゼントを贈れる…!?

欲しいものリストを経由して相手に商品をプレゼントするためには

  1. 相手が欲しいものリストを公開していること
  2. 欲しいものリストに商品が追加されていること

が条件となります。

基本的に欲しいものリストに商品が入っていない場合には商品を送ることはできませんが、次の場合にはリストに商品が追加されていなくてもプレゼントを贈ることができます。

  • 相手が欲しいものリストを公開していて
  • 過去に欲しいものリストに商品が追加されていたことがあり
  • その時に追加されていた商品が「あとで買う」に入っていた場合
    注文最終確認画面で商品を削除すると、○○さんのギフトとして「あとで買う」に入ります)

「あとで買う」をカートに戻すことで、現在、ほしいものリストに商品が登録されていなくても、商品を送ることができます。

はうやし
『ほしい物リストに商品を登録していないのにプレゼントが送られてくる!』という方がいらっしゃいましたので、参考に載せておきます。

 

欲しいものリストに関しては、当ブログ内にて複数の内容をご紹介しています。匿名でプレゼントを贈る・貰う方法など、あわせてご覧ください。

【贈る】Amazonほしい物リスト宛に名前&住所を匿名でプレゼントを送る方法【2022年11月版】
この記事では Amazon欲しいものリスト宛に匿名でプレゼントを贈る方法 欲しいものリストに入っていない商品をプレゼントする裏技 をご紹介いたします。 匿名でAmazonほしい物リストを公開する方法については以...
【貰う】Amazonほしい物リストで住所・名前を匿名で公開する方法【2022年11月版】
誰もが知っている大手通販サイトの『Amazon(アマゾン)』。 サイトを閲覧中に「この商品が欲しい!」と思った時に、メモ機能として商品を登録しておくことのできる「ほしい物リスト(ウィッシュリスト)」はご存知ですか? 名前の通り、...

関連コンテンツ

カテゴリーや関連記事から他の記事も是非ご覧ください



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Amazon

YouTube channel

はうやし報告記(仮)チャンネル登録ボタン

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!

はうやしの雑記ブログ「あんだんべぇー」
タイトルとURLをコピーしました