無料で貰えるダムカードとは…?初心者必見「ダムカード」の見方・貰い方を徹底解説!

\SNSでシェアする/

どうも、はうやし(@hauyashi)です。

最近、ひそかに人気を集めているダムカードについて詳しくご紹介いたします。

ダムカードとは?

ダムカードとは、2007年に「国土交通省」と「独立行政法人 水資源機構」が管理しているダムで配布を始めたカード形式のパンフレットです。

「ダムのことをより知ってほしい」「ダムについての知識を深めてほしい」という目的で制作されました。

ダムカードを発行しているダムに訪問すると、誰でも無料で貰うことができます

カードのサイズは、一般的なトレーディングカードと同じ「63mm × 88mm」です。

カードの表にはダムの写真、裏にはダムの形式や細かいデータなどが掲載されています。

ダムカードは北海道から沖縄まで、全国500か所を超えるダムで配布されているので、コレクションしている人が増えています。


▲ こちらが噂のダムカード。誰でも無料でゲットできて、コレクション要素が高いので人気がある。

ダムカードの貰い方について

ダムカードを配布しているダムは、国土交通省水資源機構のほか、北海道や山梨県等の都道府県東京電力等の発電事業者が管理しているダムでも発行しています。

それぞれのダム毎にダムカードを配布している条件や方法が異なります。

ダムカードの基本的な貰い方について、いくつかのパターンがありますので、以下にまとめました。ご紹介いたします。

その1. ダムの管理事務所で配布している場合

  1. ダムカードを発行しているダムに行くこと。
  2. ダムの管理事務所でダムカードが欲しい旨を申し出ること。

ダムの管理事務所は、ダムに隣接しています。

管理事務所でダムカードを貰う時に事務所の玄関が閉まっている場合があります。インターホンを押して「ダムカードお願いします」と申し出ましょう。

「ダムカードが欲しい方はインターホンを押してください」という張り紙のあるところが多いです。

中からダムカードを持ったお兄さんやお姉さんが登場して、1人1枚、手渡してくれます。

この方法でダムカードを配布しているダムが一番多いです。

その2. ダムに隣接した施設で配布している場合

  1. ダムに隣接した施設に行くこと。
  2. 施設の受付でダムカードが欲しい旨を申し出ること。

ダムに隣接したダム資料館や公共施設でダムカードを配布している場合もあります。
その施設に行くと、受付でお姉さんからダムカードを貰うことができます。

その3. ダムから離れた施設で配布している場合

ダムの管理事務所で配布してない場合や、土休日で管理事務所に人がいない場合は、ダム周辺の公共施設(道の駅や温泉施設)などでダムカードを配布しているダムがあります。

  1. ダムカードを発行しているダムに行くこと。
  2. ダムに行った証明として、ダムの写真を撮影すること。
  3. ダムカードの配布場所で、ダムに行ったことがわかる写真を見せること。

ダムから離れた場所でダムカードを配布している場合は、そのダムに行ったことを証明するための写真を提示しなくてはいけないことが多いです。

主に、東京電力が管理しているダムでこの方式をとっています。

ダムの公式サイト等で「ダムを訪問されたことが確認できる写真をご提示ください」と書かれていますので、事前に確認しておきましょう。

ダムを訪問した証明ができない場合は、ダムカードを貰うことはできません。

注意事項について

  1. ダムカードは実際にダムに行かないと貰うことはできません郵送対応は行っていません。(一部を除く)
  2. ダムカードの配布時間は決まっています。人がいるからといって、時間外に貰いに行くようなことはやめましょう。
  3. 配布時間内であっても、点検・見回り等で人がいないことがあります。人がいない時は、戻ってくるのをのんびり待ちましょう。

ダムカードの見方について

ダムカード(表面)の見方についてご説明いたします。

ダムカードの表面には、ダムの写真以外にアルファベット記号など4つの情報が書かれています。

ダムの目的記号について

右上のアルファベットはダムの目的を表しています。

F
洪水調節・農地防災 / 出水を調節し、洪水被害を軽減
N
不特定用水・河川維持用水 / 既得取水の安定化・河川環境の保全
A
かんがい用水 / 農業用水を供給
W
上水道用水 / 水道用水を供給
I
工業用水 / 工場の操業に必要な水を供給
P
発電 / 水力発電を行う
S
消流雪用水 / 雪を解かすための水を供給
R
レクリエーション / ダムを観光・スポーツに使う

ダムの形式記号について

右下のアルファベットはダムの形式を表しています。

A
アーチダム
E
アースダム
G
重力式コンクリートダム
GA
重力式アーチダム
GF
重力式コンクリート・フィル複合ダム
HG
中空重力式コンクリートダム
MB
可動堰
R
ロックフィルダム

カードのバージョン情報について

カードの左下には「Ver.1.0(2008.10)」などのバージョン情報が書かれています。()内の日付は、そのバージョンを作成した年月日です。

ダムの用途が変更されたり、写真等のデザインが変更になった場合に、新しいバージョンに切り替わります。

同じダムでもバージョン違いのダムカードを集めるために、一度訪れたダムにもう一度訪れる人もたくさんいます。

ダムカード教科書「ダムカード大全集」

ダムカードの教科書やダムカードの図鑑とも呼ばれている「ダムカード大全集」という本がスモール出版から発売されています。

このダムカード大全集の筆者は、国土交通省と水資源機構のダムカードを全て集めたという宮島咲氏です。ダムマニアなら誰もが知っている有名な方です!

ダム協会が主催する講演会、ダムフォトコンテストの審査員などを務め、テレビやラジオにも多数出演、ダムに関するプロモーション事業で、ダムの理解促進を行っています。

ダムカード大全集


「ダムカードのカタログ」「ダム巡りのガイドブック」として大いに活用できるフルカラー図鑑。

ダムカード大全集は、ダムカードの全貌と詳細が閲覧できるだけではなく、ダムの見どころも掲載されています。

アマゾンでは、1ポイント=1円 として利用できるAmazonポイント1,000円分を貰えるキャンペーンを実施しています。

アマゾンでダムカード大全集を購入する方は、こちらのキャンペーンに参加すると安く購入することができます。

キャンペーンの詳しい内容はこちらの記事で紹介しています。

ダムカード大全集 ver.2.0


2016年4月には「ダムカード大全集(ver.2.0)」も発売になりました。

初代『ダムカード大全集』から、ページが45%増量、倍以上のカードを収録した改訂増補版です。

全国522枚。国土交通省の「2015年10月ダムカード配布場所一覧」に掲載されている「公式ダムカード」全460枚と、「統一デザイン以外のダムカード」全62枚が網羅されています。

ダムカード大全集(ver.2.0)サンプルページ

通販サイトのAmazonにて、ダムカード大全集ver.2.0の無料サンプルページが公開されています。

アマゾンでは、1ポイント=1円 として利用できるAmazonポイント1,000円分を貰えるキャンペーンを実施しています。

アマゾンでダムカード大全集を購入する方は、こちらのキャンペーンに参加すると安く購入することができます。

キャンペーンの詳しい内容はこちらの記事で紹介しています。

created by Rinker
ダムカードの教科書。ダムカードを集めるなら必ず持っておくべき1冊です。

ダムカードにも限定の記念カードが存在する

イベントや竣工10周年記念などで、限定のダムカードが配布されることがあります。

配布方法は、基本的に通常のダムカードを貰うのと一緒です。

記念カードも配布している場合は、通常のダムカードと記念のダムカードを2枚1組で貰うことができます。

▼記念カードの配布例

  1. 埼玉県の荒川水系ダム「滝沢ダム」の10周年記念ダムカードを貰いに行ってきた
  2. 全6種類!群馬県企業局60周年ダムカードをコンプリート!1日で巡った実際のルートをご紹介します
  3. 全16種類!栃木DC限定ダムカードをゲットする旅へ!当日巡った実際のルートをご紹介します【栃木デスティネーションキャンペーン】

▼イベント限定カードの配布例

  1. 山梨県が管理するダムを6つ巡って限定ダムカードをGETする旅に行ってきました

スタンプラリーの要領で、指定されたダムのダムカードを全て集めると、コンプリートした人だけが貰える限定カードの配布イベントも行われています。

2018年4月から四国で始まった、全45か所のダムカードを集めると貰える「四国のダムカードコンプリート記念カード」は、シリアルナンバー入りのゴールドカードがゲットできるとても興味深いイベントです。

まとめ

\ダムカード最高!/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を書いた人

Nikon D800で写真を撮っています!
最近ではダムを巡ってダムカードを集めることにはまっています。

当サイト内のキャプチャ画像は著作権法第32条に基づき比較研究を目的として引用しています。映像・画像の著作権は各著作物の権利者に帰属します。
Google関連コンテンツ

\SNSでシェアする/

YouTube channel

YouTubeチャンネル:廃墟・レトロ・珍スポット探索 / はうやし報告記〔仮〕

Subscribe Now!